セキグチ 工務店 無料相談所

カスタマイズ リークセンサー!

いらっしゃ~せ~!
またまた久々のブログアップとなってしまいました。
明後日に帰国(2018/12/01)しますが、またまた新たなアイテムを入手していますので、頻度を上げてブログアップしていこうと思っています。また時代はフルサイズのミラーレス1ガンへと移行していきそうですね。ワタクシも置いて行かれないように(老いていかれないように)、最新情報に常にアンテナ張っていきます!

さて、今年の3月に新しく導入したEOS Kiss X9i。これにシグマの70mmマクロレンズを付けて「ガシャコン」していましたが、6月に水没騒動がありました!ということでSEA&SEAからは水没関連のパーツが出ていないので、ここは「自作自演」といきましょう!
c0215593_11231681.jpg
実は3月にカメラ&ハウジング一式を買い換えたのですが、その理由がSEA&SEA社製のハウジングMDX-7Dが修理不能となり、仕方なく買い換えました。普通なら7Dから5DMarkⅣへと移行するのでしょうけど、僕はEOS Kiss X9iへとランクダウンさせました。ハウジングもアルミ削り出しから樹脂製へと変わり、リークセンサーすら付いていない、安いハウジングとなりました(しかしユーザーからすれば、このカメラだってお高いのですから、どのランクでも水没センサー付ければいいのにね!)そこで修理不能として手元に帰ってきたMDX-7Dからリークセンサーを取り外し、RDX-750Dに移植しました!
c0215593_11304087.jpg
接点を一番下側にしておけば、万が一ダイビング中に海水がハウジング内に浸入した場合でも、赤いランプが点灯して、水没を教えてくれる!
c0215593_11334089.jpg
赤いLEDが点灯すれば水没!ということになるのですが、今現在は点灯させたことはありません。すでに水中に持って行っていますが、配線などは基本的にテープで止めているだけとなっています。今後はそこをどう改良させようか?悩んでいます。
c0215593_11231629.jpg
そうそう、このSEA&SEA社製のハウジングRDX-750Dは、外付けのストレートファインダーは装着可能ですが、45°ファインダーは装着不可です。ということでハウジング裏蓋のピックアップファインダーを交換しています。オリジナルで付いているものは「×0.5」で四隅が見やすいものとなっています。私が装着しているのは0.66倍で、ストレートファインダーなどとあまり変わりない「見え方」します。ほかに中央が特に見やすくなる「0.8倍」もあります。ユーザーからすれば、購入時に倍率の選択が出来ればいいのにな!

ということで、今回はハウジングのカスタマイズということで、古いハウジングからリークセンサーを移植させ成功しています。また新しいライトの導入、新しいレンズの導入と、いろいろと試していきたい衝動が止まらず、銭失いしております。





[PR]
by ko-muten | 2018-11-29 11:58 | 自作自演!?