セキグチ 工務店 無料相談所

高いのによ~!良くないシステムだぜ!ノーティカム!

いらっしゃ~せ~!
またまたブランクブログアップでスミマセン・・・
全くネタがなく!このブログの存在自体忘れておりました!
さて、陸番頭しておりましたら、お昼にゲストが泣きそうな顔でやってきました・・・


c0215593_15281824.jpg
ゲストがお使いの「ノーティカム D600」   お高くて・・・僕には手が出せないハウジングメーカーさんです。しかもカメラはフルサイズ!そりゃ~いい写真撮れますよ!しかも背面には!

c0215593_15285345.jpg
これまたスグレモノ!「45スーパービューファインダー」じゃないですか!水中での視度補正が可能で、超見やすいファインダーです!定価120.000円だけどね! コンデジハウジングセットで2台買えちゃうぜ!
c0215593_15285389.jpg
こんな素晴らしいセットなのに、先ほどのダイビングでは、なぜかそう言えばコンデジ持ってった!なぜだろうと思いながらも、お昼ご飯をパクパク食べたあとに、ゲストがこのハウジングを泣きそうな顔して持ってきたのです。
「ハウジングを開けるためのロックが開かなくなったのですが、潮ガミなんてありますかね???」
「そんな事ないと思うけど、ちょっと見せてくださいな!」
c0215593_15281888.jpg
という事で、こちらのノーティカムご自慢の「インナーロック機能」 赤いボタンを押して手前のレバーを外側に回す・・・これを両サイド開錠すればハウジングの裏蓋が開くのですが、ナント!片側がどうしても開かないというのです。
c0215593_15281833.jpg
右側のインナーロックを開錠するための赤ボタンが全く押せない状況です!実際触った感じでは非常に硬く、潮が中で結晶化したのか、砂が入り込んで赤ボタンが押せないのか?という感じでした。
c0215593_15293064.jpg
ゲスト曰く「左側のボタンも硬くて押しづらい」という事です。実際のどういうシステムになっているかというと、この赤ボタンが押されていない状態だと、レバーにツメが引っかかりロックされている状態・・・
c0215593_16140380.jpg
という事になります。レバーを動かすためには「赤ボタン」を押さなければなりません。
c0215593_16173796.jpg
赤ボタンを押すことによって、黒色のツメが下がりロック解除、レバーを動かすことが出来てハウジングの裏蓋を外す事が出来ます。
c0215593_15293183.jpg
今回「開かずのレバー」になった原因ですが・・・赤ボタンとそれに押される黒い爪。互がプラスチック製だと思うのですが、滑りが悪くなり(摩擦抵抗が大きくなりすぎて)赤を押しても黒が動かない!という単純な事でした。どうやって対処したかというと「CRC-666」を軽くスプレーし、動きを良くしただけの事。しかしこれが全く動かなければ、ハウジングからカメラの出し入れさえできない状況でした。ハウジングボディーだけで税込380.000円ほどする高価なものですが、この部分はダメだしさせて頂きます。

メーカーの売りは「ロック付きのレバーを軽いタッチで開閉するだけでハウジングボディを簡単・確実にシール。ハウジング本体にすっきり収まるようデザインされています」

はぁ~!?簡単・確実、スッキリ収まる・・・って言ったって、赤ボタン押せないんじゃ~意味ないぜ!もしかしたら同じような症状が出ている方・・・たくさんいるかも・・・現在は大丈夫でも、長期に渡って使っていたらこのようになるかもね!

このボタンがチョットでも調子悪かったら・・・怖いですね。SEA&SEAなどの「パチン錠」も、どこかに引っ掛けたら簡単に開いてしまう可能性がありますが、これだけお高いのですから、ちょっと改善してくれるといいですね!













[PR]
by ko-muten | 2014-11-12 16:51 | 工務店の戯言