セキグチ 工務店 無料相談所

久々に組み上げました!

いらっしゃいませ~!「セキグチ工務店」です。
久々のブログアップとなりました、スミマセンです・・・ネタはあるのですが時間が無くて・・・

先月から時間を掛けて練り上げた1ガンのセットアップをご紹介して行きましょう!
今回は「香港からの刺客!?」さんのパターンです。

c0215593_12441650.jpg元々はオリンパス社製の「XZ-1」からのカメラダイビングがスタートしました。このカメラは現在では
後継機種の「XZ-2]が発売されていますが、ミラーレス1ガンとコンデジの間のようなカメラで、部類
で入ったらコンデジです。しかしマニュアル撮影も出来る小型で優秀なカメラ。このカメラを駆使してミ
ラーレス1ガンに迫るような写真を撮りたいと奮闘しておりました。

c0215593_12444522.jpgその後マリンビレッジでカメラの話などをしていたら・・・やはり撮影の
限界があるために上位機種に変えたいと言う事でした。たまたま、
彼の「オカン」が使っていたオリンパス社製の「ペンライト・E-PL2」が
                  自分には合わないと言う事で空いていたので、遂にミラーレス1ガン
                  デビューとなりました。
c0215593_12452119.jpg外付けクローズアップレンズを2枚装着し、INON社製の外付けストロ
ボで完全マクロ仕様にして、結構良い写真を撮っておりました。この
武装状態でフォト講習を受講し、ストロボ1灯のライティングや、絞り、
シャッタースピードを習得してもらいました。そして店長が今年の帰国時にも、一緒にアニラオに出か
け、アニラオの海でマクロを一緒に楽しみました・・・当然、彼からしてみれば、デジタル1ガンが気に
なるところ・・・このままミラーレス1ガンを拡張&システムアップをするか?デジタル1ガンへ移行する
か・・・???それぞれの特徴と利点、欠点などをじっくりと話しました。そして今年の10月・・・
遂にデジタル1ガンに移行し、これまでの悩みを解決することになりました。こうしてワタクシ店長は、
久々にシステム作りに励むのでありました。


c0215593_1246280.jpg先ずは重要なカメラからですが、彼からのリクエストは「ペンと変わらないような機
動性」でした。大掛かりなアーム類やストロボ2灯などを出来るだけ省き、コンパ
クトで軽量を目指しました。 ここで目を付けたカメラは「CANON EOS Kiss 
X7」です。世界最小 / 最軽量のデジイチです。ハウジングに入れてしまえば使
えないのですが、タッチパネル機能を搭載しています。このカメラの約2週間前に
発売された「X7i」はバリアングル液晶を搭載していますので、少し重いのと、少
し高い・・・連射性能も「X7i」の方が高く5コマ/秒。まぁ~水中で高速連射するこ
ともほとんど無いので・・・僕は気にしていません。外付けストロボがついて来れ
ないしね!

c0215593_12464451.jpgそして、更に重要なレンズですが「CANON EF100mm F2.8L マクロ IS
USM」を選択しました。
「角度ブレ」と「シフトブレ」の2種類のブレを適切に補正する「ハイブリッドIS」を採
用した中望遠マクロレンズですが、最新カメラにはマッチすると思います。早いピ
ント合わせ、Lレンズ特有の明るさ。予算的には手ブレ防止機能の無いタイプも
ありますが、実はこの後に出てくる問題もあるので、最新レンズに決定!
実際に撮影させてもらいましたが、はやりピント合わせが早い!欲し~~~!
今でも3万円以上の値段差がありますが、どうせ買うなら・・・っていう感じで一気
に買ってしまいましょう!損はしないと思いますよ!

c0215593_12475592.jpgc0215593_1247134.jpgそしてカメラを収めるハウジングは
SEA&SEA社製の「RDX-100D」です。
このハウジングが出たから、このカメラを
選んだと言っても過言ではありません。
光コンバーター対応と、右の写真にある
ギア機構が一新されました。従来のクラ
ウン型のギアからMDXで採用されてい
る平歯型ギアになりました。これでギア
同士の遊び幅が減り、マニュアルフォー
カスもバッチグ~!というわけです。

c0215593_12484111.jpgレンズを100mmマクロIS USMにしたのは、今後オートフォーカスだけではなくマニュアル
フォーカスが出来るようにという目論みです。それに合わせてポートも組み合わせます。
← 先ずは 「RDXポートベースL」 RDXハウジングはポート選択が色々出来ますが、このポ
ートベースによって、先端が変わってきます。ご注意下さい!

c0215593_12492729.jpg そして「NXコンパクトマクロポートベース」 →
MDXシリーズではお馴染みのポートベースです。
これも選択した理由があるのですが、後で出てきま
す。しかし販売店の方からは「水没のリスクを減らす為にも、ポート類は重ね合わせない方
がイイデスヨ」と言われました。当然Oリングが増えれば、その分水没のrクスは増えるわけ
ですが、今後のマニュアルフォーカスをする為には、必要な選択でした。

c0215593_12495771.jpg← そして先端は「コンパクトマクロポートSⅡ」先端
に67mm径のネジ山が切ってあるので、クローズアップレンズが装着可能です。
今回、何故このレンズ&このポートにしたかというと、旧型のレンズは少し太いらしく、フォーカ
スギアを装着すると、ギアとポートの内側が干渉すると言うことです。また新レンズと違うポ
ートの場合も、同じように干渉するためオートフォーカスのみしか使えないということで、この
レンズ&ポートと言う事になりました。ここを間違えると、後々悲惨な目に遭いますのでお気を
つけ下さい。レンズの太さの違いは、知らんかった!

c0215593_12502522.jpg今回のコンパクト化の重要事項です。こちらの既に生産終了しております「多灯ストロボリン
グ」が新品で購入できた事に興奮しました。僕がお世話になっております、大阪にある「海の
写真屋さん」で、アウトレット品として、新品が2,000円で売っていました。当然「即買い!」
これにストロボやターゲットライトを付ければ、グリップ、アームが必要無くなり軽量化されま
す。これが生産終了とは非常に残念なことです!
c0215593_1321069.jpgコイツがNXコンパクトマクロポートベースにピッタリサイズなのでした!しかし他のメーカーから同じような商品が発売されております!「アテナ工央」から出ている「ポートリングアーム」という商品で代用できますよ。アームを介さずにストロボを、ターゲットライトを取り付けるにはマストアイテムです!ワタクシも実際に使っております!店長オススメ!横構図、縦構図に構わずすぐにストロボの位置を変更できます!

c0215593_1311354.jpgc0215593_13132039.jpgそして、これもオススメ!SEA&SEA社製の「VF180 1.2x」ストレートタイプのビューファインダーです。ワタクシは45度ファインダーを使っていますが、かなりの慣れが必要です。しかしこのストレートは見やすい!すぐ慣れる!実際に覗いてみましたが、取り付けたほうが大きく見えるので、ピント合わせや構図作りも簡単です!


c0215593_13204860.jpgc0215593_1321584.jpg
c0215593_13215022.jpgc0215593_13221075.jpg
c0215593_13223526.jpgカメラボディーは流石に世界最小・最軽量だけあって出始めのミラーレス1ガンと変らない印象。レンズを装着するとそれなりですが、僕のカメラに比べたら軽すぎです!(7Dが重いので比べる方がおかしい?) 完全にセットアップしても、コンパクトさは失われていませんでした。カメラ本体が最小なので、ハウジングの横幅がスッキリした感じで、グリップも付けていませんから、これ以上のコンパクト1ガンは他に類を見ないでしょう!
さぁ~いよいよ海に入ります。ここからが、このシステムの真価を発揮します!今回はあえてストロボ1灯にこだわりこのシステムにしたのですが、どういうことなのか・・・・? は、次回と言う事で・・・
                        お楽しみに!








CANON EOS Kiss X7       ・・・ ¥51.780(10/28)
CANON 100mmマクロIS USM  ・・・ ¥86.360(10/28)
SEA&SEA RDX-100D       ・・・ ¥101.000
SEA&SEA RDXポートベースL   ・・・ ¥16.900
SEA&SEA NXポートベース     ・・・ ¥17.800
SEA&SEA マクロポートSⅡ     ・・・ ¥17.800
SEA&SEA 多灯ストロボリング    ・・・ ¥2.000
SEA&SEA VF180 1.2x       ・・・ ¥61.400

      合計金額 ¥355,040 也
[PR]
by ko-muten | 2013-12-14 15:57 | 1眼セットアップ