セキグチ 工務店 無料相談所

TG-1 ワイド

いらっしゃ~せ~!
TG-1の魅力にとり憑かれている今日この頃・・・、まだまだ使いこなせていませんが、ワイドも試してみました!(マクロが面白くて、途中で思い出したかのように撮影したので、いい写真ではありませんが)早速レポート開始です!

c0215593_11742100.jpgワイド側が25mmで水中ではもう少し広角にしたかったTG-1。コンデジで本格的ワイドはINONから超ワイドなアイテムが続々と登場しておりますが、コストを考えるとフィッシュアイコンバージョンレンズ1個のみが限界!
c0215593_1193158.jpg
たまたまヤフーオークションで見つけた、こちらの「フィッシュアイコンバージョンレンズ UWL-04」本当に綺麗な掘り出し物でした。これに出会えなければ、コンデジワイド計画も無かった事でしょう!TG-1のカメラ自体F2.0という明るいレンズなので、カメラ単体で我慢するなら、内蔵ストロボで充分撮影できます。しかし1ガンワイドをやっていた身とすれば、超広角でなければワイドじゃねぇ~的な感じなので、内蔵ストロボが使用できません!そこで現在使っているSEA&SEAの「YS-02」を使おうと思ったら障害発生!緊急事態発令!メデ~メデ~!


SEA6SEA社製のストロボとTG-1の互換性が無く、全く同調しないことが判明!事前にチェックしておけばよかった!後の祭り!ピ~ヒャララ!INON社製のZ-220も同調せず!顔面蒼白!ノーストロボワイドも辛い・・・そこに救いの神が登場したのでした!

c0215593_1122179.jpgかなり古いデジカメ用のマニュアルストロボ、SEA&SEA社製の「YS-27DX」です。
お局様が以前使用していたストロボで、スレーブ機能が故障し、1度修理に出したあと、ほとんど使っていなかったので、試しに装着、テスト発光・・・やった~マン!同調に成功!このストロボを他のに組み合わせて2灯に拡張したいのですが、それは現在思案中!ですが同調するストロボに出会えて助かりました!
このYS-27DXはプリ発光キャンセル機能が付いた物で、、1回目のプリ発光を無視し、2回目の(本発光)発光に同調します。他のYS-02やYS110α、INON Z-220などは全く同調しないのが不思議ですが・・・デジタルの世界は難しいですね。まぁ~こういう話は置いといて、1灯ですが超ワイドの撮影を行ってきました!
ド!ノーマルの25mmとフィッシュアイコンバージョンの違いを!


c0215593_1823812.jpg
こちらがTG-1のワイド側25mmで撮影。この時は内蔵ストロボで撮りました。レンズの左側にストロボがあるので、画像左側が少し明るめに写っていますが、レンズのケラレなどは一切ないので、変な影は出来ません・・・

続いてフィッシュアイコンバージョンレンズを装着。この時は少しズームをかけて35mm換算で28mmで撮影
c0215593_18285673.jpg
コンバージョンレンズが0.42倍なので、単純計算で約12mm・・・ストロボ1灯のみです。アームを約30cm左側に伸ばし、レンズ左側からのみ照射。マニュアル発光しか出来ませんので、1枚撮って光量調整。もう1灯が右側にあれば影は完全に消せると思います。当然ですが画角が広いです。アポ島やバリカサグ島のギンガメアジやバラクーダの群れで実験したいのですが、中々遠征ボートに乗るチャンスもなく・・・妄想のみで実験を繰り返していきたいともいます。また2灯にする時は、両方ともマニュアル発光だと調整が面倒なので、片方はTTLにしたいです!よって1灯はINONのZ-220に決定なのですが、どうやってスレーブさせるか?検討中です。チョット名案が産まれそうです・・・・ウッシッシ・・・
[PR]
by ko-muten | 2012-12-25 13:20 | 工務店の戯言