セキグチ 工務店 無料相談所

TG-1の実力!

いらっしゃ~せ~
遂に!到着しましたオリンパスTG-1。昨日の夜に到着し、ホカホカ状態のまま、今日「進水式」を行いました。
1ダイブ目は「マクロ設定」で! 早速その実力をご紹介しましょう!

c0215593_15294729.jpg元々ワイド用に購入したのですが、マクロはどうなのか?購入当初は「クローズアップレンズ」を装着してマクロを頑張るぞ!と適当な思いでしたが、いざシャッターを切ってみると、驚く程の実力・・・
オリンパスの公式HPで、こう言うレポートがあれば即決で買ったのに、関係者の皆様・・・ご検討ください!もっと購買意欲の沸くページ作りを! まぁ~興味ある方は、以下のレポートを参考にしてください!出来るだけコンパクトでマクロをやりたい方は、この後直ぐにネットショップで購入してくださいね!
CANON 7DとオリンパスTG-1で全く同じ被写体を撮ってみました。7Dは105mmレンズで撮影。TG-1は通常ズーム+超解像ズームにて撮影しました。
     上記コメントあくまでも個人的な意見ですので・・・


c0215593_1601069.jpg先ずはこちら、イソバナガニ。CANON 7Dで撮影。背景を入れようと少し引き気味で撮りました。F5.6 1/200 ISO125
なんか適当に撮った1枚です・・・
この日の1ガンはチョット惰性で潜っていたので、今見直すと「真剣さ」が足らん!このままじゃ~マクロメインカメラがTG-1になっちゃうぜ~!
そして下の写真がTG-1
F6.3 1/200 ISO200で撮影・・・

c0215593_1603092.jpg7DはRAWで記録しているので、パソコンで編集をします。それに伴い「色合い」や「コントラスト」「シャープネス」などを加えていますが、TG-1は最初からJPEG・・・(RAWでの記録も可能ならもっと良かったのに!) ですので加工は一切なしの状態です。25mmの4倍光学ズームと言うことは100mmでの撮影、更に超解像ズーム(画質劣化しない2倍ズーム)を使っての撮影ですので1ガンに迫る写真が撮れます。しかもこの写真は内蔵ストロボのみの発光です。今日1ダイブの感想ですが、超解像ズームを使ったほうが、内蔵ストロボの光の回り方が良かったような・・・


c0215593_16223936.jpg続いてガラスハゼ。1ガンではマニュアル設定なので、「青ぬき」も簡単です。しかもここは下から煽って撮れる環境・・・F6.3 1/40 ISO125で撮影。ストロボはマニュアル発光しているので、ガラスハゼに合わせて露出決定。背景の青は、液晶画面を見ながらシャッタースピードを決定。

下の写真がTG-1 マニュアル設定が出来ないので、水中マクロモード+水中ホワイトバランス設定。F6.3 1/200 ISO200

c0215593_16362249.jpgTG-1にマニュアル設定が欲しかった!でも欲張るとカメラが大きくなったり、値段が高くなったりで・・・
まぁ~いいか!
この写真では、もう少しオリンパスブルーを期待していたのですが、期待通りとは行きませんでした。しかしクローズアップレンズを用意していましたが、ほとんど出番なし!レンズ無しでこれだけ撮れれば十分です!ここまでで、皆さんもお分かりだと思いますが、マクロ性能は申し分ありません。内蔵ストロボでここまで綺麗に撮れるなら、本当のコンパクトで思い切り遊ぶことができますね!そして思わぬ落とし穴も発見しました!買い替えの方は注意が必要です!


外付けストロボを使用してマクロ&ワイドと目論み、購入したTG-1ですが、その外付けストロボに注意です!オリンパス純正のストロボをお持ち&新規購入なら問題ありませんが、SEA&SEA製は現状で対応していない場合があります。僕の持っているYS-02、INON Z-220は全く同調しません。SEA&SEAのHPではファーム変更が必要とあります(有償)。仮にファーム変更(基盤調整かな・・・)すると、他のカメラでは使えないような・・・なので詳しくは、SEA&SEAカスタマーセンターなどに聞いてください。
[PR]
by ko-muten | 2012-12-20 17:51 | 工務店の戯言