セキグチ 工務店 無料相談所

スヌート

いらっしゃ~せ~!
久々のアップとなりました。スミマセン・・・
本職が忙しくて中々遊ぶ時間がなく・・・でして。今年のお盆に、ちょっとイイ事がありました!
ゲストがナント!予備で持ってきていたストロボを、必要ないから使ってくれと!いうことで、頂いちゃいました!それがINONのストロボで、高級機種のZ-220です。光ケーブルも電気ケーブルも出来るスグレモノなんですが、それをシステムアップして、遊んでおります!久々に興奮しておりますよん!

c0215593_1425374.jpg
こちらがINONのストロボ「Z-220」です。定価6万円以上の物です。予備でお持ちだった物ですが、嬉しくてメインストロボに名乗りをあげました。現在は光ケーブルで使用しています。そのうちフルサイズのカメラを買ったら?電気ケーブルでも使用可能ですし、マニュアル発光が可能ですので、存分に性能を引き出そうと思っています!このままの状態では、これまでのSEA&SEAの「YA-02」と変わらないので、特殊ライティングが出来るようにシステムアップを図りました!

c0215593_14311189.jpg
INONからオプションパーツとして発売されている「スヌートセット」です。ストロボ光の照射角度を絞るための物で、今まで出来なかったピンスポットのライティングが可能になります。かなり慣れが必要なのと、撮影画角を制限されるので、決して簡単に撮影できませんが、面白い写真が撮れそうです!

c0215593_14382357.jpg
ストロボにセットすると、こんな感じになります。照射角度は先端のパーツを組み合わせて6パターン出来ます。この写真は一番照射角度の狭い照射角約20度。現在105mmのレンズを使用しているので、これよりも照射角度が広いと、スヌートの効果が得られません。本当に慣れが必要なので、1つの被写体でかなりの時間を要します。
確実に被写体にストロボ光が当たらないと、真っ暗な写真になります。1枚撮っては角度などの調整・・・その繰り返し・・・被写体によっては逃げてしまったり、狙った構図通りに撮影できなかったりで、ストレスが結構たまりますよ!しかしベストマッチした時は、撮った本人が1番ビックリな写真になるでしょう!

c0215593_15122334.jpg
こんな感じです!この写真を撮った場所は水深5~6m・・・自然光がバンバン入る浅場です。シャッターは1/250の上限まで上げ絞りはF13。ストロボの発光量は3/4ぐらいでしょうか?ISO250で撮影しました。エビの真上から光が入ったのが良かったですね。ピンスポットのように演出できました!
まだまだ慣れていませんので、被写体をかなり選んで撮影しましたが、スムーズに撮影できるように、今後も練習&コツを早く掴みたいと思います!今日は2ダイブでヘトヘト状態です。この後・・・ガイド出来るかな・・・???
[PR]
by ko-muten | 2012-11-10 15:20 | システム変更